対 慶應義塾大学戦

日時 5月19日 15:30Kick Off
場所 アミノバイタルフィールド
●東京大学 7 ― 41 慶應義塾大学○

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 0 0 0 7 7
慶應義塾大 10 7 10 14 41

Game Report

【1Q】

東大のキックで試合開始。DB#26松山(4年・駒場東邦)のタックルにより、慶應1stシリーズは敵陣33ヤードから。パスなどで前進を許すも、1stダウンを更新させず、3アンドアウト。東大1stシリーズは自陣19ヤード地点から。WR#13相藤(2年・湘南)へのスラントパスで前進するも、フォルススタートなどがあり、スリーアンドアウトでパントに追い込まれる。スナップが乱れてしまいパントブロック、そのままリカバーされタッチダウンを許してしまう。(東大0-7慶應)慶應のキックで試合再開。東大2ndシリーズは自陣35ヤード地点から。2ndダウン10でRB#21藤岡(4年・麻布)のスピードオプションで大きくゲイン、続く3rdダウンショートをきっちり決め、今日初めての1stダウン更新。続くプレーでは、TE#81八木(3年・Schaumburg)へのショートパスなどで前進するも、パント。SNP#80戸取(4年・灘)のタックルで慶應の攻撃は敵陣25ヤード付近から。LB#41中川(4年・麻布)のロスタックルなどで3rdダウンロングとなるも、東大のパスインターフェアでダウン更新を許す。さらに、パーソナルファウルでも1stダウン更新を許してしまう。LB#2児玉(4年・東京学芸大学附属)やLB#20張(2年・栄光学園)のロスタックルなど、随所にナイスプレーが出るも、ランプレーを中心にじりじりと前進され、ゴール前まで攻め込まれる。それでも、東大ディフェンスは粘りを見せ、3rdダウンゴール5ヤードで投じられたフェードパスは、DB#28横川(3年・攻玉社)のナイスカバーでタッチダウンを許さない!最後は22ヤードのFGに抑える。(東大0-10慶應)慶應のキックで試合再開。東大の攻撃は25ヤード地点から。RB#31大路(4年・駒場東邦)のナイスランで1stダウンを更新するも、後が続かずパント。P#12伊藤拓(4年・六甲)のナイスパントで、慶應の攻撃は敵陣20ヤード付近から。ミドルパスでダウン更新を許したところで、1Q終了。(東大0-10慶應)

【2Q】

ここで、慶應はロングパスを投じるも、DB#28横川のナイスカバーでシャットアウト。その後もなんとか粘り、4thダウンショートに追い込むが、慶應はパント体型からのスペシャルプレーを敢行。ダウン更新を許す。しかし、再びディフェンス陣がなんとか粘り、FGに追い込むと、慶應はこのトライを失敗。攻守交代となる。続く東大の攻撃は、RB#21藤岡、RB#31大路のインサイドランを中心に少しずつ前進し、ダウンを更新。しかし後が続かず、パント。敵陣20ヤード付近からの慶應の攻撃は、DB#19助川(3年・開成)のパスディフェンスなどがあるも、タックルミスが続き、慶應RB#7にロングゲインを許すと、最後はパスでタッチダウンを喫する。(東大0-17慶應)試合再開の慶應のキックはタッチバックとなり、東大の攻撃は自陣25ヤードから。WR#17森本(4年・開成)へのプレーアクションパスでダウンを更新するが、後が続かず、パント。慶應の攻撃は敵陣35ヤード地点から。前半残り1分50秒。その後、ミドルパスで2度ダウンを更新されるも、DL#65側島(2年・福岡県立修猷館)のナイスラッシュで思うようにパスを投げさせない。すると3rdダウンでDB#22横尾(4年・開成)が見事インター。自陣5ヤードから、攻守交代して東大の攻撃。残りの時間を使いきり、前半終了。(東大0-17慶應)

【3Q】

慶應のキックで後半開始。東大の攻撃は自陣20ヤード付近から。スリーアンドアウトとなり、パント。#44田島(3年・開成)のナイスカバー、ナイスタックルで思うようにリターンさせない。慶應の攻撃は敵陣45ヤード付近から。慶應RB#7のランプレーを中心にゲインを許し、自陣深くまで攻め込まれると、最後もランでタッチダウンされ、トライフォーポイントのキックも成功し、追加点を許す。(東大0-24慶應)続くキックオフはR#13相藤のリターンで、自陣33ヤード地点から攻撃開始。3rdダウンに追い込まれるも、WR/TE#96永幡(4年・城北)へのスクリーンパスで大きくゲインし、ダウンを更新!しかし、続く攻撃でスナップが乱れ、ファンブルしたところを相手にリカバーされてしまい、攻守交代して自陣23ヤードから慶應の攻撃となる。ここで東大ディフェンスは、DL#10東浦(4年・北野)のタックル、LB#54丸山(3年・開成)のナイスディフェンスなどで粘ると、最後はエースDB#25八尋(4年・開成)のナイスカバーでパスを通させず、FGに抑える。(東大0-27慶應)RB#31大路のナイスリターンにより、続く東大の攻撃は自陣40ヤード地点から。しかし、スリーアンドアウトとなり、パントで攻守交代し、慶應の攻撃は25ヤード付近から。LB#2児玉、DB#25八尋のナイスディフェンスでロスさせ、2ndダウンロングとなったところで、3Q終了。(東大0-27慶應)

【4Q】

3rdダウンはパスを通させず、パントに追い込む。攻守交代して東大の攻撃は自陣18ヤード付近から。1stダウンで、RB#39岩井(3年・麻布)のインサイドランでフレッシュを獲得。しかし、ファンブルを慶應にリカバーされ、攻守交代して敵陣46ヤード付近から慶應の攻撃。1stダウンのランプレーでビッグゲインを許し、最後もランでタッチダウンされてしまう。(東大0-34慶應) 試合再開の慶應のキックはタッチバックとなり、東大の攻撃は自陣25ヤード地点から。3rdダウンに追い込まれるが、慶應にパスインターフェアの反則があり、フレッシュを獲得する。その後は続かず、パントで攻守交代。続く慶應の攻撃は敵陣41ヤード付近から。DB#19助川のナイスタックル、相手のホールディングなどでロングシチュエーションに追い込むと、ここでDB#25八尋が見事にインターセプト!!攻守交代して敵陣48ヤード付近から東大の攻撃。QB#14伊藤宏(4年・立教池袋)のキープラン、WR#13相藤へのサイドスクリーン、RB#39岩井のランなどで着実に前進すると、最後はWR/TE#96永幡へのパスで待望のタッチダウン!!!K#20張のキックも成功する。(東大7-34慶應)東大のキックはタッチバックで、慶應の攻撃は敵陣25ヤードから。1stダウンで、DL#10東浦の早いスタートからのロスタックル。その後もなんとか粘り、スリーアンドアウトでパントに追い込む。東大の攻撃は自陣12ヤード付近から。試合残り時間2分。しかし、ファンブルをそのままエンドゾーンに持ち込まれ、リターンタッチダウンを喫する。(東大7-41慶應) 慶應のキックで試合再開。WR#13相藤へのアウトのパスで1stダウンを獲得。その後、4thダウンに追い込まれるも、WR#17森本へのパスが成功し、ギャンブル成功。しかし、後が続かず再び4thダウンに追い込まれ、今度はギャンブル失敗。最後は慶應に時間を流され、試合終了。勝利とはならなかった。(東大7-41慶應)

対 京都大学戦

日時 5月11日 12:30Kick Off
場所 アミノバイタルフィールド
●東京大学 6 ―16  京都大学○

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 0 3 3 0 6
京都大 0 7 0 9 16

Game Report

【1Q】

京大のキックで試合開始。R#13相藤(2年・湘南)のリターンで攻撃開始。東大1stシリーズは自陣24ヤードから。東大に反則などもあり、1stダウンがとれずパント。QB#12伊藤拓(4年・六甲)のナイスパントで、京大1stシリーズは敵陣18ヤード付近から。ランプレーはDL陣、LB陣のロスタックルを含むナイスタックルでシャットアウト。3rdダウンロングはDB陣のナイスカバーによりパスを通させない。パントで攻守交代し、東大2ndシリーズは自陣44ヤードから。3rdダウンロングを迎えるが、QB#14伊藤宏(4年・立教池袋)からWR#17森本(4年・開成)へのパスが通り両チーム含め今日初めての1stダウン更新!しかし後が続かず、パント。ここもQB#12伊藤拓がしっかりインサイド20に収め、京大2ndシリーズは敵陣10ヤード付近から。一度ダウンを更新されるも、次のスピードオプションをLB#2児玉(4年・東京学芸大学附属)が目の覚めるようなロスタックル。その後、スクリーン、パス、QBキープなど織り交ぜた攻撃でじわじわ進まれるが、ここでLB#42中原(4年・桐朋)、DB#19助川(3年・開成)らのナイスディフェンスでパントに追い込む。東大3rdシリーズは自陣20ヤード付近から。WR#84孫(3年・久留米大付設)へのサイドスクリーンなどで前進するが、3アンドアウトでパントに追い込まれる。相手Rが自陣43ヤードまでリターンしたところで、1Q終了。(東大0-0京大)

【2Q】

京大3rdシリーズは、1stダウンで相手のスクリーンプレーをLB#2児玉がロスタックル。サードダウンもLB#42中原がブラストプレーをロスタックル!ここで京大は4thダウンギャンブルを選択し、ランプレーでダウンを更新されてしまう。その後、ミドルパスで敵陣深くまで攻め込まれると、最後はランプレーでタッチダウンを喫する。(東大0-7京大)京大のキックで試合再開。東大4thシリーズは自陣25ヤードから。3rdダウンロングとなるが、QB#14伊藤からWR#13相藤へのアクロスパターンのパスが通って1stダウン獲得!続く1stダウンもWR#13相藤へのプレーアクションパスが決まり、立て続けにフレッシュ!しかし後のランプレーが続かず、パント。京大4thシリーズは、敵陣20ヤードから。DL#95本多(4年・駒場東邦)のナイスラッシュなどがあるも、ダウン更新を重ねられてしまう。ここでLB#42中原がナイスプレーを連発し、3rdダウンを迎えると、フロント陣の活躍に答えたのはDB#29梅澤(4年・麻布)。見事なインターセプト、ターンオーバーで自陣45ヤードから東大の攻撃。QBは#12伊藤拓。相手の反則があり、その後WR#13相藤へのミドルパスが通って敵陣32ヤード付近まで前進する。続いてWR#17森本へのショートパスでFG圏内に侵入する。前半残り17秒。K#12伊藤拓が46ヤードアテンプトを見事成功。(東大3-7京大)前半残り13秒。残りの京大の攻撃はきっちり止め、前半終了。

【3Q】

K#2児玉のキックで試合再開。LB#58吉田慶(2年・東京都立立川)、TE#98下条(3年・天王寺)のナイスカバーで、後半最初の京大の攻撃は敵陣20ヤードから。ここでビッグプレーが生まれる。2ndダウンで投じられたパスをLB#2児玉が見事インターセプト!!攻守交代して敵陣31ヤード付近から東大の攻撃。QB#12伊藤拓のキープラン、TE/WR#96永幡(4年・城北)へのショートパスなどで1stダウンを獲得し、レッドゾーンに侵入。しかし4thダウンに追い込まれ、FGを選択。ここもK#12伊藤拓がきっちり決める。(東大6-7京大)東大のキックで試合再開。タッチバックとなり、京大の攻撃は敵陣25ヤードから。DL#50上野(2年・栄東)のナイスタックルなどがあるも、ランプレーを中心に更新を重ねられる。ここでLB#41中川廉(4年・麻布)のロスタックルなどで、3rdダウンロングに追い込むと、DL陣のナイスラッシュにより簡単にパスを投げさせず、パントに追い込む。攻守交代し、東大の攻撃は自陣21ヤード地点から。WR#84孫へのパスなどで前進するが、4thダウンに追い込まれ、パント。京大の攻撃は敵陣44ヤードから。ランプレーで少しずつ進まれてしまう。自陣6ヤード付近からの3rdダウンを迎えたところで3Q終了。(東大6-7京大)

【4Q】

DB陣のナイスカバーにより、ここをなんとかFGに抑える。キックは成功。(東大6-10京大)京大のキックで試合再開。タッチバックで、自陣25ヤードから東大の攻撃。QB#14伊藤宏からTE/WR#96永幡へのパスで1stダウン獲得。しかし後が続かず、パント。攻守交代し、続く京大の攻撃もランプレーが止まらず、攻め込まれてしまう。しかし、DL#65側島(2年・福岡県立修猷館)のナイスラッシュなどで耐え凌ぎ、最後はLB#42中原が相手のファンブルをリカバー!続く東大の攻撃は、RB#31大路(4年・駒場東邦)のドロープレー、WR#17森本へのパスなどで立て続けにダウンを更新!その後4thダウン2ヤードとなり、東大はギャンブルを選択。QB#14伊藤宏のキープランで見事に大きくゲインし、フレッシュを獲得する。その後、敵陣6ヤードまで攻め込むも、4thダウンに追い込まれ、ここはFGを選択。しかし失敗してしまい、タッチバックで攻守交代。続く京大の攻撃は、ランプレーでロングゲインを許し、レッドゾーンに侵入されてしまう。試合時間残り6秒のラストプレーで、自陣6ヤードからのタッチダウンランを決められてしまい、試合終了。3年ぶりの勝利とはならなかった。(東大6-16京大)

対 帝京大学戦

日時 4月20日 14:00Kick Off
場所 アミノバイタルフィールド
○東京大学  11― 7 帝京大学●

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 7 4 0 0 11
帝京大 0 0 0 7 7

Game Report

【1Q】

帝京のキックで試合開始。R#97馬渡(2年・京都市立堀川)のビッグリターンにより、東大1stシリーズは敵陣22ヤードから。1stダウンがとれずFGを試みるが失敗、攻守交代、パントに追い込まれる。敵陣20ヤード付近から帝京の攻撃。DL陣、LB陣のロスタックルを含むナイスタックルで、3アンドアウト。パントリターンは再びR#97馬渡のナイスリターンにより、東大2ndシリーズは敵陣34ヤードから。RB#21藤岡(4年・麻布)のジェットなど、ランプレーを中心に進むと、相手の反則などもあってダウンを更新。3rdミドルまで追い込まれるが、QB#14伊藤宏(4年・立教池袋)からWR#85東谷(4年・東大寺学園)へのショートパスが決まり、待望のタッチダウン!K#20張(2年・栄光学園)のキックも決まり、東大が先制する。(東大7-0帝京)

東大のキックで試合再開。帝京自陣30ヤードから攻撃開始。LB#2児玉(4年・東京学芸大学附属)、LB#94関(4年・開成)のロスタックルなどで、フレッシュを許さない。攻守交代し敵陣41ヤードから東大の攻撃。WR#82鈴木(3年・攻玉社)へのパスなどで攻め込むが、反則などもあり、3アンドアウト。P#49中野(4年・白陵)のナイスパントにより、大きく陣地を回復し、帝京3rdシリーズは敵陣2ヤードから。反則などでさらに罰退させ、1Q終了。(東大7-0帝京)

【2Q】

敵陣深くからの3rdダウンで、DB#24浜崎(3年・湘南)のナイスタックルにより、セーフティに追い込む。(東大9-0帝京)帝京のキックで試合再開。自陣40ヤードから東大の4thシリーズ。3rdダウンに追い込まれるも、RB#31大路(4年・駒場東邦)のスピードオプションでロングゲイン、一気に1stダウンを獲得する。ここで相手のパスインターフェアにより、さらに敵陣深くまで攻めこむと、WR#82鈴木へのスラントパターンのパスで再び1stダウンを更新。その後はRB#31大路のランプレーを中心にじわじわと進むも、最後が続かず敵陣2ヤードから4thダウンギャンブル失敗、攻守交代。続く帝京の攻撃は敵陣2ヤードから。しかしランプレーでの前進をほとんど許さず、ここも3アンドアウトに追い込む。続く帝京のデンジャーパントは、スナップが乱れ、セーフティ。(東大11-0帝京)帝京のキックで試合再開。R#97馬渡のナイスリターンにより、敵陣49ヤードから東大の5thシリーズ。QB#14伊藤からWR#85東谷へのパスでファーストダウンを獲得するも、後が続かず、パントに追い込まれる。敵陣20ヤードから帝京の5thシリーズ。DL#59後藤(4年・日比谷)のナイスラッシュなどによりパス失敗に追い込み、最後はDL#50上野(2年・栄東)の魂のロスタックルにより、ここも3アンドアウト。前半残り時間1分51秒。攻守交代し、敵陣33ヤードから6thシリーズ。WR#85東谷、WR#82鈴木へのパスが決まるも、4thダウンに追い込まれる。

敵陣28ヤードからのFGトライはブロックされ、失敗。ここで前半終了。(東大11-0帝京)

 

【3Q】

K#20張のキックで試合再開。DB#24浜崎のナイスタックルにより敵陣29ヤードから帝京の攻撃。スラントパスなどが決まり、1度1stダウン更新を許すものの、ここでDL#10東浦(4年・大阪府立北野)がQBサック。その後もしっかり守り、パントに抑える。続く東大の攻撃は敵陣47ヤードから。QBは#11ボストロム(3年・静岡県立浜松北)。QB#11ボストロムからTE#81八木(3年・Schaumburg)へのパス、RB#32樋山(4年・開成)のランなどで1stダウンを獲得する。しかし、後が続かず、コントロールパント。スナップが乱れてしまい、続く帝京7thシリーズは自陣39ヤードから。QBスクランブルなどでダウンを更新されるも、DB#19助川(3年・開成)、DL#65側島(2年・福岡県立修猷館)らのナイスディフェンスがあり、思い通りに進ませない。4thダウンギャンブルに追い込むと、DL#95本多(4年・駒場東邦)、LB#42中原(4年・桐朋)らのナイスラッシュにより、ダウンを更新させず、攻守交代。続く東大の8thシリーズは、RB#39岩井(3年・麻布)のランなどで前進するが、ここでファンブル。相手にリカバーされ、ターンオーバーを許す。続く帝京の攻撃は、LB#41中川(4年・麻布)のロスタックルがあるも、スクリーンパスなどで1stダウンを更新される。しかし、LB#2児玉、DB#28横川(3年・攻玉社)のナイスパスディフェンスにより、またも4thダウンギャンブル失敗に追い込み、攻守交代。ここで3Q終了。(東大11-0帝京)

【4Q】

続く東大9thシリーズは、相手のナイスタックルにより、ファンブルを喫し、相手にリカバーされてしまう。自陣6ヤードから帝京の攻撃。パス、ランおり混ぜた攻撃によりタッチダウン、トライフォーポイントのキックも決まる。(東大11-7帝京)帝京のキックで試合再開。東大10thシリーズは、自陣35ヤード付近から。しかし3アンドアウトに追い込まれる。続くパントでは、LB#44田島(3年・開成)のナイスカバー、ナイスタックルで相手にリターンをさせない。続く帝京の1stダウンは、DL#65側島がファンブルを誘うQBサック。その後1stダウンを許すも、LB#2児玉のナイスタックル、DL陣のナイスプレッシャーにより、思うようにパスを決めさせない。その後はDB#22横尾(4年・開成)のパスディフェンス、DL#95本多のロスタックル、最後はDL#65側島がQBサック。4thダウンギャンブル失敗に追い込む。続く東大の攻撃。QB#11ボストロムのキープランなどでじわじわと敵陣に侵入する。3rdダウン10に追い込まれたところで、WR#84孫(3年・久留米大付設)へショートパスが決まり、前進した地点からFGを試みるも、失敗してしまう。試合時間残り53秒。帝京2minオフェンスは、DB陣のナイスカバーによりパスを決めさせず、試合終了。春シーズン初戦を勝利で飾った。(東大11-7帝京)