対 桜美林大学戦

日時 2021年11月14日(日) 10:45KO

場所 横浜スタジアム

◯桜美林 24 – 7 東大●

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東大 0 0 7 0 7
桜美林 0 14 0 10 24

Game Report

1Q
東大のキックで試合開始。東大ディフェンス、4年LB#45児玉(海城)が続けざまにタックルを決めると、4年DB#8滝井(東京都立西)がクレバーかつ気迫あふれるディフェンスをみせる。4年DL#72上野(栄東)による2枚のOLのブロックを割る力強いタックル、DB#8滝井によるソロタックル、3年DL#91竹村(駒場東邦)と4年DL#9桝田(渋谷教育学園幕張)によるパシュートからのタックルなどフィールド全体で鬼気迫るディフェンスを展開。桜美林は攻め込めずフィールドゴール(FG)を選択。これを外して攻守交替。東大オフェンス、QBは4年QB#15白川(開成)が先発。安定感抜群の4年WR#14馬渡(京都市立堀川)がダウンを更新し、3年QB#4岩本(甲陽学院)のラン、3年RB#33佐藤(六甲学院)によるタックラーを引きずるラン、それを支える3年OL#74屋敷(巣鴨)による確実なアサイン遂行など力強いプレーで前進。フィールド中央付近でパントにより攻守交替。ディフェンス、3年DB#27田上(栄光学園)によるパスブロック、DB#8滝井による視野の広いディフェンスで桜美林はパスミスを連発し3&out。続くオフェンス、3年WR#11宮野(開成)へのパス、QB#15白川のナイスラン、RB#33佐藤のタックラーを押し返す前に倒れるランで敵陣に侵入。3年OL#69新井(栄東)の的確なブロックも見られたが、パントにより攻守交替。続くディフェンスはパスやリバースプレーにより攻め込まれるが、4年LB#20張(栄光学園)、LB#45児玉、3年LB#59込山(開成)らを中心に守り切り1Q終了。
(東大0-0桜美林)

2Q
東大陣20ydから桜美林のオフェンスで試合再開。密集隊形からオープンへのプレーアクションパスによりゴール前まで攻め込まれる。DB#8滝井、LB#20張が激しいタックルを浴びせ粘りを見せるが、4th downギャンブルでわずかにキャリアがエンドゾーンに入り、桜美林がタッチダウン(TD)。トライフォーポイント(TFP)も決まる。(東大0-7桜美林)
桜美林のキックにより試合再開。オフェンス、RB#33佐藤が鋭い縦上がりで中央を走り抜けロングゲイン!一気にゴール前まで攻め込む。惜しくも後が続かずFGを選択。決まらず攻守交替。ディフェンス、4年LB#94塚田(開成)のキャリアをよく見たタックルを中心にフロント陣がランプレーを止めパスでもQBにハードなプレッシャーをかける。DB#8滝井がすかさずインターセプト!フィールド中央付近で攻守交替。オフェンスはパスで攻め込もうとするもつながらず3&out。パントにより攻守交替。ディフェンス、LB#94塚田、DB#8滝井らによる好守備で桜美林3&out。一進一退の攻防が続く。オフェンスはQBサックによりロスしパントに追い込まれる。ここでパントブロックが起き、フリーボールを桜美林がそのままエンドゾーンに持ち込み桜美林TD。キックも決まる。(東大0-14桜美林)
桜美林のキックにより試合再開。東大は2 minutes offense。時間切れにより前半終了。
(東大0-14桜美林)

3Q
桜美林のキックで試合再開。4年OL#76園山(福岡県立東筑)、3年OL#51植野(滋賀県立膳所)、2年OL#63中村(慶)(石川県立金沢泉丘)らがプレーサイドでよく桜美林ディフェンスをブロックし、RB#33佐藤が狭いスペースに突っ込んでいく。ダウン更新はならず、パントにより攻守交替。DL#9桝田、DL#91竹村、4年DL#2側島(福岡県立修猷館)、3年DL#42坂牧(本郷)らDL陣がプレッシャー、パシュートからのタックルを連発し、ディフェンスを牽引。桜美林は攻め込めず、パントにより攻守交替。オフェンス、WR#14馬渡のサイドライン際のパスキャッチ、RB#33佐藤のRBスクリーンで続けざまにダウンを更新し、その後もRB#33佐藤の力強いラン、4年WR/TE#80萩谷(聖光学院)のランアフターキャッチで前進していく。点差を意識した東大、4th downギャンブルでパスを試みるも惜しくも決まらず攻守交替。ディフェンス、DL#2側島、LB#20張らによるタックルでパントに追い込むと、続くパントリターン、R#14馬渡がブロッカーをよく見て走り抜けTD!TFPも決める。(東大7-14桜美林)
東大のキックで試合再開。DL#91竹村、LB#20張によるタックル。ここで3Q終了。

(東大7-14桜美林)

4Q
桜美林オフェンスから試合再開。ディフェンス、DL#9桝田のロスタックルなど好プレーがみられるもじわじわと攻め込まれ、WRスクリーンの裏プレーが独走となり桜美林TD。TFPも決まる。(東大7-21桜美林)
桜美林のキックにより試合再開。2年RB#95伊佐治(東京都立戸山)のナイスランで敵陣に侵入するも、QBサックでファンブルしこれを桜美林が確保。東大陣深くで攻守交替。あとがない東大、鬼気迫るディフェンスで前進を許さず桜美林はFGを選択。これを決める。(東大7-24桜美林)
桜美林のキックにより試合再開。オフェンス、桜美林DLのパスカットに悩まされる。4th downギャンブルのパスもカットされ攻守交替。再び苦しい位置からのディフェンス、4年LB#58吉田(慶)(東京都立立川)、DL#91竹村を中心に、ギャングタックルで前進を許さず桜美林はFGを選択。これを外して攻守交替。最後の意地を見せる東大、WR#11宮野、WR#14馬渡がナイスキャッチを決めていく。敵陣に侵入するもタイムアップ。試合終了となった。

(東大7-24桜美林)