対 中央大学戦

日時 2022年9月3日(土) 10:00KO

場所 東京ドーム

◯東京大学 21 ー 17 中央大学●

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東大 0 7 0 14 21
中央 0 7 3 7 17

Game Report
【1Q】
待ちに待った2022年秋シーズン開幕戦。関東学生アメリカンフットボール連盟27年ぶりの東京ドームでのオープニングゲーム。中央のキックで試合開始。4年RB#33佐藤(六甲学院)のリターン。中央カバーチームのタックルによりボールがこぼれるもリカバーし、東大は自陣15ydより攻撃開始。トリプルオプションのランプレーを軸に攻撃していく。中央の好守に阻まれるも、3年QB#19曽原(筑波大学附属)のランで1st down更新。2年RB#49中村(樹)(開成)のランで前進。中央の反則によりまたも1st down更新。リズムよく攻撃を進める。RB#33佐藤のアウトサイドのランや、QB#19曽原のランにより立て続けに1st downを更新。東大は時間とプレー数をかけジリジリと着実に前進し、相手陣地に進入する。QB#19曽原のランで前進し、4th down&1。勝負のプレーだったが、ここは中央の好守に阻まれ攻守交替。中央が自陣より攻撃開始。中央のパスを4年DB/K#27田上(栄光学園)がナイスプレーで阻む。中央も4th downギャンブルを選択するが、4年DL#42坂牧(本郷)、4年LB#59込山(開成)の力強いプレーで進ませない。攻守交替し、敵陣41ydから東大の攻撃。流れに乗りたい東大。3rd downで2年WR#80光吉(開成)のランにより、見事1st down更新。ゴールまで残り30yd。再びWR#80光吉のランで1st downを更新し、残り17yd。QB#19曽原のランで10ydをゲインし、1st down更新。さらに攻め込む東大だが、ここで1Q終了。(東大0-0中央)
【2Q】
陣地が入れ替わりゴールまで残り7ydから東大の攻撃で試合再開。RB#33佐藤のランでタッチダウン(TD)!DB/K#27田上がトライフォーポイント(TFP)を冷静に決める。(東大7-0中央)
4年DB/K#22遠藤(東邦大学付属東邦)のキックで試合再開。カバーチームはLB#59込山のナイスタックルで中央のリターンをストップ。中央が自陣23ydより攻撃開始。4年DL#99長利(ラ・サール)のナイスプレーで中央のランを止めるも、パスを決められ中央が1st down更新。続けてランによる1st down更新も許す。2年LB#47江原(甲陽学院)がロスタックルするも、3rd downのパスは成功。続く中央QBのランは2年DB/P#36松田(興)(開成)がナイスタックルで止める。粘りたい東大だが、中央のパスがつながり始め攻撃にリズムが出てくる。LB#47江原のナイスタックルや、4年DL#91竹村(駒場東邦)のナイスプレッシャー、2年DB#23小城(大阪教育大学附属池田校舎)のナイスカバーもありTDを狙うパスは不成功。しかし、粘りを見せる中央のナイスパスでTD。TFPも決まる。前半残り5分41秒。(東大7-7中央)
中央のキックで試合再開。RB#33佐藤のリターンで東大は自陣25ydから攻撃開始。止まらないQB#19曽原のランプレーにより立て続けに1st downを更新する。WR#80光吉やRB#49中村(樹)などがリズムを作り、ランにより敵陣33ydまで進める。前半残り1分23秒。東大はタイムアウトを使い時間をコントロールしながらボールを進めていく。WR#80光吉にピッチ。ボールを落とすも、なんとかリカバー。ゴールまで残り21yd。東大は前半最後のタイムアウト。残り時間3秒でフィールドゴール(FG)を選択。ゴールまで38ydのFGはDB/K#27田上が決めきれず、得点追加ならず。同点で前半終了。(東大7-7中央)
【3Q】
DB/K#22遠藤のキックで試合再開。LB#59込山のタックルで、中央が自陣30ydから攻撃開始。LB#47江原や4年LB#44井上(筑波大学附属)がナイスプレーで止めるも、立て続けにパスを通され、東大は自陣12ydまで攻め込まれる。しかし、東大は粘りを見せ3rd downに追い込むと、4年LB#8関(聖光学院)がQBにプレッシャーをかけ、パスを失敗に追い込む。このシリーズをFGで凌ぎ、中央が得点を追加。(東大7-10中央)
中央のキックで試合再開。RB#33佐藤のナイスリターンにより、東大は自陣34ydから攻撃開始。QB#19曽原のランで14ydを獲得し、敵陣に進入する。ここで東大にビッグプレー。3年RB#95伊佐治(東京都立戸山)が中央28ydを駆け上がりゴールまで残り18ydとなる。このまま得点につなげたい東大であったが、痛恨のファンブル。攻撃権が中央に移る。中央は自陣18ydから攻撃開始。東大は中央のパスを中心とした攻撃に苦しむも、LB#59込山のナイスラッシュがあり、パントに追い込む。攻守交替して自陣21ydから東大の攻撃。ランが中央の好守に阻まれ、3rd downに追い込まれるも、ここで本日初めて投じたパスが中央の反則を誘い、1st down更新となる。息の詰まる攻防が続き、4th down&1。ここで東大はギャンブルを選択。4年QB#12井藤(麻布)がQBスニークで押し込み、気迫を見せる。3年OL#70村田(西大和学園)のブロックも光り、1st down更新。東大がランを繰り出したところで3Q終了。勝負は最終4Q へ。(東大7-10中央)
【4Q】
陣地が入れ替わり、ついに4Q。東大が2nd down&9、自陣46ydより攻撃再開。ここで東大は2度続けてQB#19曽原がボールキャリーし、1st down更新。中央に阻まれ3rd downに追い込まれるが、中央の反則により1st downとなる。ゴールまで残り34yd。QB#12井藤が立て続けに走り、続けて1st down更新。時間を使いながらテンポよくボールを進めていく。RB#95伊佐治の力強いランで9ydゲイン。3年WR#89吉田(武蔵)のランで1st down更新し、ゴールまで残り9ydとなる。ランプレーで残り1ydまで迫るも東大の反則により、3rd down&6まで後退する。しかし、ここでQB#12井藤から4年WR#11宮野(開成)へのTDパスが成功し、東大が逆転する。TFPもDB/K#27田上が決める。(東大14-10中央)
DB/K#22遠藤のキックで試合再開。中央は自陣30ydから攻撃開始。QBにプレッシャーをかけ、3rd downに追い込むも、競り合いの中で反則を取られ、1st down更新を許す。中央に連続して2本ロングパスを通され、残り30ydまで前進を許す。DL#91竹村のナイスラッシュ、LB#8関の激しいタックルで食い下がる。3rd downではDB/K#27田上が正確なタックルでキャリアの前進を許さない。ゴールまで残り20yd、4th down&2。中央はギャンブルを選択し、得意のパスプレーを展開。横に流れたQBにプレッシャーをかけるも、パスを通されそのままTDを許し、TFPも決められる。(東大14-17中央)
中央のキックで試合再開。自陣25ydから東大の攻撃開始。ランを止められ3rd down。ここでQB#19曽原からのパスをキャッチしたWR#80光吉がタックルを振り切り50ydの超ロングゲイン!東京ドームが沸き上がる。一気に敵陣に進入。敵陣23ydから東大の攻撃。試合時間残り1分34秒。RB#33佐藤のランで1st downを更新し、ゴールまで残り11yd。ゴール前、東大はこれまで通りランオフェンスを続行。ここで中央に反則があり、ゴール前3ydまで前進。1st down to goal。QB#19曽原のランで2yd前進。残り1yd、試合時間残り19秒。最後はQB#19曽原がQBスニークでエンドゾーンに飛び込みTD!!東大が3度リードを奪う!DB/K#27田上がTFPも決める。(東大21-17中央)
DB/K#22遠藤のキックで試合再開。中央は自陣20ydからパスプレーで逆転を狙うが、LB#8関のラッシュなどが光り、パスを通させない。試合時間残り3秒、中央最後のプレー。パスを通し、TDまでつなげるしかない中央はボールをトスでつなぎながら前進を試みるも、DB/P#36松田(興)のタックルにより試合終了。劇的なシーソーゲームを制し、東大は2022年度TOP8開幕戦を勝利で飾った。(東大21-17中央)