【新監督、新ヘッドコーチ就任のお知らせ】

東京大学アメリカンフットボール部のヘッドコーチに、社会人Xリーグ・リクシルディアーズの前ヘッドコーチで、日本代表のヘッドコーチも務める森清之氏(52)が就任しました。森氏は京都大学出身。国内外チームのコーチを歴任し、2001年にリクシルディアーズの前身である鹿島ディアーズのヘッドコーチに就任。10年の日本選手権・ライスボウルを制覇しました。
監督には、東京大学1995年度卒の三沢英生氏(43)が就任しました。
なお、新チームの本格的始動は2017年1月末を予定しています。
竹之下健三監督、細田泰三ヘッドコーチは退任しました。

■森氏、三沢氏の略歴
森 清之(もり・きよゆき)1964年10月30日生。愛知県出身。87年に京都大学を卒業し、同大守備コーディネーターを経て、NFLヨーロッパのアムステルダム・アドミラルズ、Xリーグのアサヒビール・シルバースター、アサヒ飲料チャレンジャーズのコーチを歴任。2001年に鹿島ディアーズ(リクシルディアーズの前身)のヘッドコーチに就任し、10年の日本選手権・ライスボウルを制覇。11年、15年と世界選手権に出場した日本代表のヘッドコーチを務めた。

三沢 英生(みさわ・ひでお)1973年8月30日生。神奈川県出身。96年に東京大学を卒業、同大大学院修了後に金融業界で活躍。現在は株式会社ドームで取締役を務める。

OB会の方専用ページ