対 東京工業大学戦

日時 5月 15日 14:30 Kick Off

場所 東京工業大学大岡山グラウンド

●東京大学  3― 6 東京工業大学○

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 0 0 3 0 3
東工大 0 0 0 6 6

Game Report

第1Qは東工のキックを#35鍵和田が自陣40ydまでリターンし上々のスタート。オフェンスは#87中澤や#21関野がいい走りを見せますが味方が立て続けに反則を取られ罰退、上手く調子を掴めません。

しかし続くディフェンスは3rdダウンで#44勝がロスタックルを決め3プレーで抑え込みます。
応えたいオフェンス。#19野金がパスキャッチし力強いラン見せると、#87中澤がサイドライン際を駆け上がるロングゲイン。しかしその後の攻撃が続かず、FGも失敗。
厳しい展開が続きますが、ディフェンス陣が粘り東工の4thダウンギャンブルを、#44勝、#55藤本、#90岡田の好プレーでシャットアウト、得点を与えません。

第2Q。#21関野の中央を突くランで一気に敵陣に攻め込みます。その後もラン・パス織り混ぜた攻撃で前進するも、一歩及ばずパントを選択します。
続く東大ディフェンスは、ファーストプレーこそフレッシュを許すも、#41宮崎のロスタックルが相手の流れをシャットアウト。最後はQBのランを#44勝が仕留めます。
何とかタッチダウンが欲しいオフェンスですが、その後も中々フレッシュを得点に繋げられません。苦戦するオフェンスをディフェンスが支えます。#5野原が2回連続でランをロスタックルするなど見せ場を作りますが、東大・東工互いに譲らぬまま、第2Q終了。勝負は後半戦に持ち越されます。

後半は東大ディフェンスから再開。#48渡辺がロスタックルで魅せるも、迎えた3rdダウンロングは惜しくも相手にフレッシュを許してしまいます。東工がジリジリと歩を進めますが、#44勝のナイスタックルで4thダウンまで持ち込み、見事ギャンブルを止めきり攻守交代となります。
続く東大オフェンス、#87中澤、#21関野の好走に加え、#30山口が中央を快走し敵陣へ。3rdダウンへ追い込まれるも#16松下から#19野金へのパスが決まりフレッシュを獲得します。その後の4thダウンでは#20鎌形が見事に40yd FGを決め3-0と先制します。
#83深澤がキックオフでナイスタックルを見せ、東大ディフェンスはGoal to 78ydからとなります。2rdダウン、東工がミスにより大きくロスをしたところで3Qが終了しました。

第4Q、追加得点が欲しい東大オフェンスですが相手ディフェンス陣の好守に阻まれ攻守交代。しかし続くディフェンスでは#90岡田がナイスパスラッシュ、#47東がロスタックルを決めシャットアウト。
すぐさまオフェンスにまわしますがオフェンスはここで痛恨のインターセプト、キャッチ後のリターンも許し自陣19ydまで進まれてしまいます。
これまで奮闘してきたディフェンスも堪えきれず、最後は東工QBのランでタッチダウンを決められ、逆転されてしまいます。その後のキックは#91伊澤がボールを弾き追加得点を与えず3-6となります。
時間も少なく後がないオフェンス、#33宮山がスクリーンでロングゲインしますが後が続かず、4thダウンのパスも失敗。
攻撃権が渡り厳しい状況ですが、ここで相手がスナップミスしたボールを#5野原がカバーしターンオーバー。最後のチャンスをものにしオフェンスに託します。
#19野金へのフェイクパスを決めるもその後東工DLのラッシュに阻まれパスを決められません。最後はFGを狙いますが失敗、3-6でゲームセットとなりました。

(ファンクラブ通信より)