対 神奈川大学戦

日時  10月 26日 11:30 Kick Off

場所 アミノバイタルフィールド

●東京大学 0 ― 14 神奈川大学◯

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 0 0 0 0 0
神奈川大 6 0 8 0 14

Game Report

前節で薄氷を踏む今季初勝利を挙げた2013ウォリアーズ。
未だ発揮されていないチームスローガン「戦士魂」を発揮できるチャンスは後2回。
台風の余波で強い風雨の中、聖地アミノバイタルでの第6戦。
入替戦回避のためには勝利あるのみ。

【1Q】東大キックオフで試合開始。
#1浦(4年)のキックはタッチバックとなり、神大1stシリーズは自陣25ydから。
1stプレーのランで中央突破され自陣36ydへ。
しかし、この後はDL#54岩城(4年)・OLB#45春木(4年)・DL#95神田(2年)が気合の入った見事なタックルを連発。
3回のランに全くゲインを許さず、4th-9/パント。

#11玉田(4年)がブロック寸前の猛ラッシュでパンターにプレッシャーを与え、東大1stシリーズは自陣41ydと絶好のポジションから。
1stシリーズのQBは#14佐藤(4年)。
OPキープは1ydロスするもFB#28築山(4年)のダイブで6ydゲイン/3rd-5。
さあ、これから・・・と思ったところで痛恨のエクスチェンジミス/ファンブルロスト。
大事な試合の初っ端にあり得ない大チョンボ。

神大2ndシリーズは東大陣45ydから。
オープンランをILB#20渡部(4年)の好守備で2ydに仕留めるも、次プレーのランでFD献上/東大陣30ydへ。
中央ランを1ydに仕留めるも、東大側に不要な反則発生。プレー終了後のアンスポーツマンコンダクトにより15yd罰退/ゴール前14yd。
3回のランを何とか凌いで4th-1まで粘るもQBの中央突破でFD献上/ゴール前2yd。
2プレー目にQBオープンでTD。TFPは失敗するも、0-6と先制を許す。(8:08)

東大2ndシリーズは自陣31ydから。
QBは#12大槻(2年)に交代。
RB#32藤田(4年)が中央突破してオープンラン/敵陣49ydへ。
更にRB#38宮崎(2年)の好走で敵陣39ydへ。
WR#80上宮(4年)へのフェイクパス成功でゴール前23ydへ。
しかし、ドローは2ydに留まり、2度目のエクスチェンジミス(自リカバー)で3rd-8。
パスを投じようとするもターゲットが見つからずQBサックで4th-8。
結局40ydFGトライ。風上からのFGトライであったがセット中に1Q終了。

【2Q】風下からのFGとなってしまい、距離が届かず失敗。

自陣23ydからの神大3rdシリーズ。
3回のランを凌いで4rh-1/123パント。

#80上宮の果敢なパントリターンにより東大3rdシリーズは自陣39ydから。
RB#32藤田の2回連続の中央ランでFD獲得/敵陣49ydへ。
ロングパス失敗・QBサックで3rd-15となるも、ここでビッグプレー炸裂。
QB#12大槻が思い切って投じたロングパスをWR#89中村(4年)が好捕。更に見事なRACを見せて一気にゴール前7ydへ。
しかし、・・・ここから詰め切れないのが今年のウォリアーズ。
3回のプレーで全くゲインできず、4th-7となってしまいFGトライ。
24ydFGは惜しくも失敗となり、絶好のチャンスを活かせない。

命拾いした神大4thシリーズは自陣20ydから。
5回連続のランプレーで東大陣40ydまで侵攻され、更に中央突破で9ydゲイン。
しかし、ILB#44倉地(3年)が素早い上がりで見事な4ydロスタックル/3rd-5。
OPピッチにFDを許さず4th-3に追い込む。
神大は追加点を狙った50ydFGトライするも失敗。

自陣33ydからの東大4rhシリーズは敢え無く4th-7/123パント。

残り時間1分強。神大最後の攻撃は自陣41ydから。
中央ランをDL#54岩城・#95神田が見事にロスタックル。
そのまま2プレー行ったところで前半終了。

【3Q】神大キックオフで後半開始。 東大1stシリーズは自陣25ydから。
いきなりQBサックを食らうもRB#32藤田の8ydラン・10ydランでFD獲得。自陣43ydへ。
しかし、この後が続かず4th-6/パント。

自陣27ydからの神大1stシリーズ。
1stプレーのOPピッチでFD献上/自陣43ydへ。
ここで一気にTDを狙ってランフェイクからのロングパス。
東大DBを抜いたWRへのパスは僅かにオーバーパスとなり失敗。
OPピッチはDL#54岩城がナイスタックルで僅か1ydゲイン。
3rd-9で投じられたパスをSF#11玉田が見事にインターセプト/攻守交代。

東大2ndシリーズは自陣40ydから。
ディフェンス陣が奪い取ったターンオーバーに応えたいところ。
しかし、中央ランは僅か2yd、ランフェイクからの逆サイドへのスクリーンは捕球後のランを焦ったRBがキャッチミス。
3rd-8で投じられたパスは神大がインターセプト。
折角のチャンスをいとも簡単に手放す東大オフェンス陣。

東大陣41ydと絶好の位置で攻撃権を手にした神大2ndシリーズ。
まずはサイドスクリーンで13ydゲイン/ゴール前28ydへ。
3rd-2でゾーンシームに投じられたパスをキャッチしたWRがそのままエンドゾーンへ。
痛恨の20ydTDパスを奪われて0-12。
最初のTD後のTFPを失敗した神大は迷わず2点TFP狙い。
パス失敗で安堵するも東大にインターフェアの反則。
結局、フェイクパスを決められて0-14。(6:19)

3Q半ばで2本差をつけられた東大。
今シリーズで先ずは1本TDを返さないと苦しい展開。
しかし、キックオフリターンで痛恨のイリーガルフォーメーションの反則を取られて15yd罰退。
東大3rdシリーズは自陣9ydと苦しい位置から。
しかも、1stプレーのOPピッチは5ydロス。
QB#14佐藤のキープで6yd挽回するも3rd-9。
何とかWR#80上宮のパスが決まりFD獲得/自陣23ydへ。
しかし、この後が続かない。
ロールアウトからのパスは失敗、フェイクパスを投じようとするもQBサック、更にパス失敗。
何をやっても上手くいかず、4th-12/パント。
攻撃権を手放すパントに消沈するも、神大リターナーがキャッチミス。これを#11玉田が見事にリカバーして敵陣40ydで再度攻撃権獲得。
未だ勝利の女神はウォリアーズを見放さない。
3rd-3となるもRB#32藤田が粘ってFD獲得/ゴール前29yd。
RB#32藤田の2回のランで3rd-2となったところで最終4Qへ。

【4Q】QB#12大槻のOPキープでFD獲得/ゴール前18ydへ。
残り時間を考えるとここでTDを奪わないと敗戦濃厚。
しかし、・・・上手くいかない。
FB#28築山の5ydダイブとするも続く中央ランは僅か1yd。
3rd-4のランはハンドオフされた瞬間に神大ディフェンス陣にタックルされてロス。
4th-7となり、TDを狙ったパスは敢え無く失敗。

自陣15ydからの神大3rdシリーズ。
ドローで10ydゲインされるもラッキーな神大ホールディングの反則で1st-20。
中央ランはILB#20渡部の好守備で僅か3ydゲイン。
10ydランで3rd-7となるも、QBキープはDL#79山名(3年)が2ydに仕留める。
結局、4th-5/123パント。

東大4thシリーズは自陣45ydから。残り時間7分半。
この時間帯なら2本TDを返して同点タイブレークに持ち込むことはギリギリ可能。
RB#32藤田の6ydOPピッチの後の逆サイドへのOPピッチはロス。
3rd-8に追い込まれるもWR#80上宮へのパス成功でFD獲得/敵陣45ydへ。
しかし、RB#32藤田のドローで3rd-2とするも2回連続パス失敗。
残り時間4分強、今シリーズも得点できず。

神大4thシリーズは自陣33ydから。
2プレー目に中央突破からロングゲインを許して一気に東大陣30ydへ。
しかし、ILB#20渡部の再三の好守備で神大攻撃を絶ち切り、4th-10/パント。

残り時間2分強で迎えた東大攻撃は自陣28ydから。
QB#14佐藤からWR#80上宮へのパスがヒットして自陣44ydへ。
しかし、QBサック寸前で投じたパスをインターセプトされて万事休す。

神大が3回連続でニーダウンを繰り返してタイムアップ。

こうして大事な試合を見せ場なく淡々と完封負けしたウォリアーズ。
これで今季1勝5敗。入替戦回避のためには最終戦一橋大戦勝利が絶対条件。
残り2週間、失った自信を取り戻せ!