対 筑波大学戦

日時 2021年6月27日(日) 13:40KO
場所 筑波大学 富士通スタジアム川崎
○筑波大学 28 ― 7 東京大学●

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東大 7 0 0 0 7
筑波 7 7 7 7 28

Game Report

【1Q】
東大のキックで試合開始。3年K#22遠藤(東邦大学附属東邦)のkickはサイドラインを割り、5yds下がった地点から蹴り直しとなる。敵陣31yds地点から筑波の1stシリーズ開始。1プレー目は縦へのパスだったが、3年DB#6渡邊(渋谷教育学園幕張)がしっかりとカバーする。その後のランプレーでも大きなゲインを許さず、パントに追い込む。東大の1stシリーズは自陣18ydsから。1st down、2nd downは相手DLをとりきれずロスが続き、1st down更新とはならず、パント。筑波2ndシリーズは敵陣36ydsから。相手RBをなかなかタックルできず、本日初めての1st down更新を許す。しかし2ndシリーズ2プレー目で、ブリッツした3年LB#59込山(開成)が素晴らしいパスラッシュを見せ、QBのファンブルを誘発する。しかしこれは惜しくもパスインコプリートとなり、筑波が攻撃を続ける。続くプレーではLB陣がRBをしっかりタックルし、更なる1st down更新を許さず、パント。スナップが乱れ、崩れたところからパンターが走るもカバーチームが冷静に対応する。東大2ndシリーズは自陣40ydsから。3年RB#33佐藤(六甲学院)が縦に切り込んで1st downを更新すると、その後もランで着実に前進しながら敵陣27ydsまで攻め込む。さらには4年TE#96山下(長崎県立長崎西)がブロックフェイクからパスをキャッチし、ランアフターキャッチで1st downを更新する。その後も東大は良い流れを維持し、最後は3年QB#4岩本(甲陽学院)のランでTD!K#22遠藤がkickを決め、東大が7点を先制する(東大7-0筑波) 。K#22遠藤のkickで試合再開。相手Rがタックルを受けながらも倒れず前進し、そのままリターンTD。わずか1プレーで同点とされる(東大7-7筑波)。 筑波のkickで試合再開。東大は自陣23ydsから攻撃開始。1st downはパワープレーから3年RB#0横山(滝)が縦に抜け、1st downを獲得する。その後も着実にランを進めたところで1Q終了。(東大7-7筑波)

【2Q】
ハーフライン付近から東大の攻撃が続くが、相手DLのプレッシャーを止めきれずサックを受け3rd downロングに追い込まれる。この3rd downは1st down獲得とはならず、パント。筑波は敵陣23ydsから攻撃開始。ジェットモーションフェイクのランプレーを冷静に抑え、パントに追い込む。東大は自陣38ydsから攻撃開始。スタートが合わずにロスタックルを許し、3rd downロングとなる。パス失敗に終わり、パント。続く筑波の攻撃は敵陣27ydsから。外をまくるランプレーで大きくゲインされ、自陣38ydsまで攻め込まれる。しかしここからランではDLが相手OLを押し込み、パスではDB・LBがしっかりとカバー。相手オフェンスをシャットダウンし、パントに追い込む。東大は自陣29ydsから攻撃開始。スナップの乱れなどもあり、またも3rd downロングの展開となる。3rd downでは4年WR#80萩谷(聖光学院)へのパスが惜しくも決まらず、パント。筑波は敵陣36ydsから攻撃開始。1st downはオプションからQBがそのまま走り込むも、LB#59込山がボールに手をかけファンブルを誘発!しかし筑波がボールをカバーし、ターンオーバーとはならず。ここから相手RBをタックルしきれず立て続けに1st down更新を許すと、あっという間に自陣ゴール前まで攻め込まれる。最後はランプレーからTDとなり、筑波が逆転する(東大7-14筑波)。 筑波大学のkickで試合再開。2年R#29洞(武蔵)が24ydsのリターンを見せ、自陣42ydsから攻撃を開始する。2年QB#26曽原(筑波大学附属)から3年WR#11宮野(開成)にアウトルートへのパスが決まり反撃を見せたが、相手LBのナイスタックルもあり、パントに終わる。筑波は敵陣20ydsから攻撃開始。1プレー目で3年DL#71内田(茨城県立土浦第一)がキャリアにロスタックル!さらにDL陣が筑波の追撃を抑え、前半終了。(東大7-14筑波)

【3Q】
筑波のキックで後半開始。 リターナーがボールをファンブルし、筑波がそのボールをカバー。いきなり自陣20ydsから筑波の攻撃開始という厳しい展開になる。相手の反則もあり2nd downロングに持ち込むも、リバースプレーに反応できずTDを許す(東大7-21筑波) 。筑波のkickで試合再開。東大は自陣35ydsから攻撃開始。RB#0横山がタックルを受けながらも倒れずに粘り強く前進する。しかしdown更新まで残り1ydとなった3rd downは相手LBのブリッツを止められず、1st down 更新とはならず。パントで攻守交代する。筑波は敵陣18ydsから攻撃開始。ランプレーでじわじわと攻められるも、4年DL#52上野(栄東)がロスタックル!3rd downロングに追い込むも、TBへのスクリーンパスから大きくゲインを許し、自陣22ydsまで攻め込まれる。相手のミスもあり、ゴール前16yds・1st down獲得まで残り4ydsとなったところで筑波は4th downギャンブルを選択。ジェットモーションからのパスは失敗に終わり、攻守交代。東大は自陣16ydsから攻撃開始。なかなか流れがつかめず3&outに終わる。パントで思うように陣地を回復できず、続く筑波の攻撃は自陣49ydsから開始する。相手のパスを抑えたところで3Q終了。(東大7-21筑波)

【4Q】
筑波の攻撃が続く。パスをキャッチしたTBへタックルしきれずdown更新を許すと、さらにランプレーで自陣20yds付近まで切り込まれる。最後はジェットモーションフェイクで奥深くへのプレーアクションパスが決まり、TD(東大7-28筑波)。 筑波のkickで試合再開。東大は自陣24ydsから攻撃を開始するが、相手defenseのナイスプレーもあり、パントに終わる。続く筑波は敵陣36ydsから攻撃開始。反則もあり、3&outでパント。東大は自陣23ydsから攻撃開始。RB#33佐藤がカットバックで相手defenseを翻弄し、後半初めて1st downを更新する。さらにRB#33佐藤のランで敵陣に攻め込むと、QB#26曽原が崩れたところからスクランブルで1st down更新。しかし続くオプションプレーは相手defenseに止められてしまう。3rd downロングに追い込まれるが、ここでQB#26曽原から3年WR#3竹田(一)(西大和学園)に縦へのパスが決まる!一気にゴール前4ydsとなるが、ここから相手defenseがロスタックルやサックなどで粘りを見せる。東大はTDまで残り16ydsのところで4th downギャンブルを選択する。WR#3竹田へのパスは決まったと思われたが、あと一歩のところでタイミングが合わず失敗に終わる。筑波が2回のランで時間を使い切り、試合終了。勝利とはならなかった。(東大7-28筑波)