対 成蹊大学戦

日時 2021年6月13日(日) 17:00KO
場所 オービック習志野グラウンド
○成蹊大学 32 ―14  東京大学●

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東大 7 0 7 0 14
成蹊 14 0 6 12 32

Game Report

【1Q】
成蹊大学のkickで試合開始。4年R#14馬渡(京都市立堀川)の好リターンにより、自陣33ydsから攻撃開始。東大1stシリーズは4年WR#17寺垣(開成)のナイスキャッチで1st downを更新し、続くプレーでは4年RB#38堀之内(灘)がモーションからのランで7yds獲得するなど良いリズムを見せる。しかしフォルススタートの反則による罰退が響き、パント。成蹊大学1stシリーズは敵陣38ydsから。1stdownでは3年LB#59込山(開成)が相手RBにナイスタックルを決め、3rd downロングに持ち込む。しかし3rddownで成蹊大学WRへのパスが通り、そのままTD(東大0-7成蹊) 。成蹊大学のkickで試合再開。3年R#49佐藤(六甲学院)が30ydsの好リターンを見せ、東大は自陣32ydsから攻撃開始。相手のナイスタックルもあり1st down更新とはならず、パント。成蹊大学2ndシリーズは自陣32ydsから。4年LB#94塚田(開成)がナイスタックルを見せ、ランプレーを止めるもQBスクランブルによって1st down更新。東大は中々キャリアをタックルできず自陣18yds付近まで攻め込まれる。最後は成蹊大学WRへのパスが通り、TD(東大0-14成蹊)。
東大は14点を追う展開となる。成蹊大学のkickで試合再開。ここでR#49佐藤が94ydsのリターン TD!3年K#27田上(栄光学園)がしっかりキックを決め、7点差とする(東大7-14成蹊)。 3年K#22遠藤(東邦大学附属東邦)のkickで試合再開。成蹊大学は敵陣29ydsから攻撃開始。LB#59込山や3年DL#71内田(茨城県立土浦第一)がナイスタックルを見せ相手のランをシャットアウトしたところで1Q終了。(東大7-14成蹊)
【2Q】
成蹊大学にパスを決められじわじわと自陣に迫られるも、最後は3年DL#42坂牧(本郷)がQBスクランブルを止めパントに追い込む。東大は自陣23ydsから攻撃開始。東大の反則などもあり3rd downはフレッシュまで残り10ydsとなる。ここで2年QB#26曽原(筑波大学附属)から3年WR#87貞方(麻布)へのロールパスが決まり、1st down更新!続けて3年RB#92安田(開成)がランで立て続けに大きくゲインし、敵陣29ydsまで攻め込む。しかしここで痛恨のファンブル。成蹊大学がボールをカバーし、東大の攻撃は無得点に終わる。敵陣36ydsから成蹊大学の攻撃開始。DL・LB陣が堅実にタックルを決め、相手の攻撃を許さない。また、3年DB#6渡邊(渋谷教育学園幕張)が自陣43ydsでインターセプトを決め、一気に敵陣まで走り込むもファンブル。成蹊大学がボールをカバーして攻守交代には至らず。成蹊大学のoffenseが続くが、LB#94塚田のロスタックルにより流れを渡さず、パントに追い込む。東大は自陣42ydsから攻撃開始。4年WR#80萩谷(聖光学院)が立て続けにパスをキャッチし、1stダウンを更新する。さらにはQB#26曽原が自ら走り敵陣39ydsまで進む。しかし最後はパス失敗で前半終了。(東大7-14成蹊)
【3Q】
K#22遠藤のkickで後半開始。成蹊大学は敵陣27ydsから攻撃開始。クロスルートへのパスが決まり1st downを更新されるも、スクランブルしたQBにDL#71内田・LB#94塚田が強くヒットし、ファンブルを誘う!最後は4年DL#9桝田(渋谷教育学園幕張)がボールをカバーし、ターンオーバーに成功する。東大は敵陣43ydsから攻撃開始。RB#92安田が縦に切り込むと、今度は3年RB#0横山(滝)が外をまくって敵陣17ydsまで攻め込む。立て続けにランを進めるが、フレッシュを獲得できず、4th downインチとなる。ここで東大は4th downギャンブルを選択。大外をまくるランプレーでRB#0横山が大きくゲインし、ダウンを更新!最後はRB#0横山が敵陣2ydsからのランを決めTD!K#27田上のkickも成功し、東大が同点に追いつく(東大14-14成蹊)。 K#22遠藤のキックで試合再開。成蹊大学は敵陣31ydsから攻撃開始。スペシャルプレーを織り交ぜた攻撃にも東大は落ち着いて対応し、反撃を許さない。しかし相手レシーバーのランアフターキャッチにより、一気に自陣27ydsまで攻め込まれる。さらに成蹊大学はパスフェイクのランで1stダウを更新し、最後はQB自らが走ってTD。またも1TD差になるかと思われたが、TD後のFGをLB#94塚田がブロック!東大は6点を追いかける(東大14-20成蹊大学)。 成蹊大学のキックで試合再開。強風で短くなったkickをB#92安田がしっかりと確保し、東大は自陣39ydsから攻撃開始。WR#80萩谷がブロックフェイクからパスをキャッチし、タックルをかわしながら25yds近くゲインする。RB#92安田のランで続けて1st downを更新すると、3年QB#99井藤(麻布)からWR#80萩谷へのパスも決まり、敵陣10ydsまで進む。ゴールラインまで残り10ydsで迎えた1st downだったが、QB#99井藤からのパスは相手DBにインターセプトされ無得点に終わる。ここで3Q終了。(東大14-20成蹊)
【4Q】
成蹊大学は敵陣20ydsから攻撃開始。3年DB#31原(六甲学院)・#59込山のあわやインターセプトのパスカットなどで成蹊大学のパスを防御。ランプレーはDL#9桝田や3年LB#64関(聖光学院)のタックルでシャットダウン。しかし相手のパスの勢いは止まらず、じわじわと自陣深くまで攻め込まれる。成蹊大学の反則もあり3rddownロングとし、相手QBを焦らせてパス失敗に追い込む。成蹊大学はFGを選択するも、LB#64関がブロック!追加点を許さない。東大は自陣22ydsから攻撃開始。逆転を狙ったシリーズだったが、東大の反則によりダウン更新にはならず、パント。成蹊大学は敵陣37ydsから攻撃開始。1st down、2nd downと着実に止めたものの、3rd downでパスをキャッチしたレシーバーをタックルできず大きなゲインを許す。最後はクロスルートへのパスが決まり、TD。TD後のFGではこの試合3度目のブロックを決め、点差は12点となる(東大14-26成蹊) 。成蹊大学のkickで試合再開。東大は自陣35ydsから攻撃開始。1stプレーでQBがサックを受け、ファンブル。成蹊大学がボールをカバーしそのままエンドゾーンまで運んでTD。成蹊大学は2ポイントコンバージョンを選択したが、WRへのパスをDBがカバー(東大14-32成蹊) !成蹊大学のキックで試合再開。東大は自陣25ydsから攻撃開始。QB#99井藤から3年WR#11宮野(開成)のパスが成功し1st downを更新すると、QBランや短いパスを決めながら敵陣に入る。しかしここでフォルススタートの反則により罰退。ダウン更新まで残り6ydsのところで4th downギャンブルを選択したが、RBへのスクリーンパスは失敗に終わる。成蹊大学は敵陣49ydsから攻撃開始。LB#59込山が相手RBに強烈なタックルを決め、ファンブルを誘発!LB#64関がボールをカバーし、攻守交代。東大は自陣43ydsから攻撃開始。残り時間を考えながら、アウト系のパスで攻撃を進める。しかし再びQBサックからファンブルし、攻守交代。最後は成蹊大学のニーダウンで試合終了。勝利とはならなかった。(東大14-32成蹊)