対 東京農業大学戦

日時 9月18日 16:00 KO

場所 アミノバイタルフィールド

○東京大学 19 ―0  東京農業大学●

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京大 13 6 0 0 19
東農大 0 0 0 0 0

Game Report

1Q最初のオフェンスシリーズで、QB樋口(4年)からTE江川(4年)にパスが成功し、7点を先制。さらにFB鈴木(4年)のランで1TDを加えるも、TFPに失敗。結局、このプレーが試合を通じた緊張感の無さを象徴することとなった。2Qに入りパントリターナーがファンブル、リカバーされゴール前に迫られたが、4thダウンギャンブルをCB神戸(3年)のロスタックルで何とかしのぐ。その直後、TB湊(4年)のランによる ロングゲインと江川へのパスと僅か2プレーで3本目のTDを奪ったが、TFPを 再び失敗。前半は19-0で折り返す。 後半は、敵パントをリターナーが再びファンブルしたり、不用意な反則により絶好機を逃したりで、結局得点出来ず。ディフェンスは児玉(4年)、小山(2年)らフロント陣の活躍もあり、パントリターンでの二つのファンブルを除けば、一度も自陣まで攻められることはなく、スタッツ上は危なげのない勝利であったが、今後のリーグ戦を考えると前節以上に課題が多く残った試合となった。明るい材料としては、90年代後半のチーム躍進の立役者RB本蔵(97年度卒)以来、1年生でリーグ戦スターターを獲得したOL永田の活躍だろう。次節以降も、若手の活躍に期待したい。

★ HCが選ぶPlayer of the Game=DL#99児玉(4年)